RESTA

0120-520-4169:00-19:00

レインズとは|リスタは神戸の不動産情報が満載です!

レインズってご存知ですか?意外と知らない不動産流通の仕組み

神戸市・明石市内で物件をお探しの方はご存知の方も多いかもしれませんが、不動産業界では、物件情報の業者間ネットワークが存在します。そのシステムをレインズといいます。レインズの仕組みを知れば不動産会社の動きははっきりと理解できます。ポイントを抑えてストレスのない物件探しを!

物件情報の不思議

「家が欲しくなり、不動産会社に問い合わせを行ったり、お店に行ったりして要望を伝えると、不動産会社では、条件に近い物件を出してくれた。そこで、気に入った物件がなかったので、別の不動産業者に行って物件を探してもらったところ、また同じ物件を紹介された…。」という経験はありませんか?

神戸市・明石市内だけでなく全国でも、なぜこのようなことが起こるのでしょうか?これは、レインズというシステムを使った不動産流通の仕組みを知ればすぐにわかります。

不動産会社は物件情報を共有している

以前は、不動産会社は、売主から依頼を受けた物件を、個別に購入希望のお客様に情報提供していたため、物件情報は不動産業者でそれぞれ違っていました。しかし、平成2年にレインズ(不動産流通標準情報システム)が不動産業界に導入され大きく変わりました。

現在、すべての不動産業者が、専任媒介契約を結んだ物件に関して、5日以内に登録する義務があります。つまり、不動産業者間で、売り物件の情報を共有していることになります。

レインズとは?

レインズ(不動産流通標準情報システム)とは、宅地建物取引業法に基づき国土交通大臣が指定した不動産流通機構です。全国で4つに別れており、神戸市・明石市は、近畿圏レインズなります。レインズを通じて、全国で毎年10万件以上の売買が成立しています。

専任媒介契約および専属専任媒介契約を締結した不動産会社は、物件情報を掲載する義務があるだけでなく、成約情報もレインズに通知する義務があります。これにより、適切な相場情報を不動産会社が共有できることとなっております。

指定流通機構を通じた取引の流れ

ここでしか聞けない
レインズを理解した物件探しノウハウ

レインズを前提とした不動産業者の動きを理解することで、物件探しの流れに上手く乗り、神戸市・明石市内でのストレスの少ない物件売買が可能となります。

レインズに掲載されていない物件はどのような物件か

専属専任媒介契約締結後、5日以内に物件の掲載の義務があるということは、逆に言うと5日までは登録しなくても良いということ。「ギリギリまでレインズに登録しない。」ということが、両手取引を行いたい不動産業者の「この期間内に自分たちで買主を探してしまおう」という発想から生まれます。

その結果、レインズに掲載されていない物件情報が、特定の不動産会社の会員様や購入見込みのお客様に行く場合があります

また、物件売却を不動産業者に相談中で、まだ正式な媒介契約を結んでいない情報も、「打診」という形で、水面下で情報として動く場合があります。これらの情報をつかむための対策としては、物件を探している場合には、早い段階で不動産業者に購入希望の要望と予算を連絡しておくことです。

レインズの趣旨とは異なる動きを不動産会社が行うことになりますが、両手取引を望む一部の不動産会社で現実問題として発生しております。

両手取引と片手取引

不動産会社は、売主・買主それぞれから仲介手数料をもらえるルールとなっているため、一社で売主と買主の契約を仲介した場合、片手取引の倍の手数料が入ることになる。

片手取引
両手取引

別の不動産業者で、違う物件を紹介してもらえることはあるか

不動産会社が、売主様から専属専任媒介契約を結んでいる物件をどうしても売りたい場合に、レインズに掲載されている他者が専任媒介契約を結んでいる物件を積極的に紹介してくれない場合があります。

その対策としては、ほかの不動産会社で紹介された物件資料を別の不動産会社に提示し、「他社で物件を探してもらいましたが、この物件以外の物件はありますか?」と率直に聞くのが一番良いでしょう。

もし、別の物件があるようであれば、そのタイミングの最新情報であるか、前の不動産業者が意図的に紹介しなかった物件の可能性があります。

HOME'S、スーモなどのポータルサイトに掲載されている物件は、レインズに掲載されている物件のごく一部

お客様の都合で、インターネットでの広告活動を行えないなどの理由で、レインズに掲載されている物件を不動産ポータルサイトに掲載していないことは非常に多くあります。ですので、インターネット上で公開されている物件は、レインズにある物件のごく一部であることを知っておいてください。

ポータルサイトにある物件は、「対応の良い不動産会社を選ぶための入口」と考えるぐらいが実際のところです。

不動産会社は対応のスピードと接客の良さで選ぶ

レインズという仕組みがある結果、ほとんどの物件をどの不動産会社でも案内してもらうことができます。

そのため、希望に近い物件の情報を、スピードを持って届けてくれて、接客に誠意が感じられる不動産会社で、物件を探すことが不動産売買の決め手となります

情報が一元化された今、不動産会社は、サービスや接客、誠実さなど、当たり前のことをきちんとしてくれる会社が求められています。その流れに対応している不動産会社で物件探しを行いましょう。

電話でもメールでもOK

ご相談はお気軽に

神戸市・明石市内の住宅購入のご相談はお気軽にお問合せください。

メールでお問い合わせ