RESTA

0120-520-4169:00-19:00

賃貸それとも売却|リスタは神戸の不動産情報が満載です!

賃貸or売却 どちらがおすすめ?

空き家対策!

ズバリ解決!

住まなくなった家をどうするか?

賃貸にも売却にも出されていない空き家 日本全国に250万戸以上

世帯数より、建物戸数のほうが多い、「家余り」と言われる状態が年々拡大しています。

神戸市・明石市内でも多数の空き家があります。入居者が決まらない賃貸物件がその半数ですが、残りの大半は、長期不在の状態で、賃貸にも出されず、売却物件として市場にでてもない物件です。

それら物件の所有者は、どのような対策をすることができるのか…賃貸・売却それぞれの選択について検証してみました。

はじめて直面する
「住む家以外の物件を持つ」という問題

神戸・明石市内で、家を賃貸に出すのか売却するのかについてご相談いただく方には、
いずれかに当てはまる場合が多いです。

  • 突然の転勤で引っ越ししなければならなくなった。
  • 突然、相続が発生し不動産を取得した。

この問題は、二者択一の問題のように思いますが、
本質は、「住まなくなった家をどうするのか?」という悩みにあると言えます。

とりあえずそのままの問題点

住宅を所有していると、固定資産税がかかってきます。マンションだと、修繕積立金や管理費の支払いもあります。老朽化した住宅はメンテナンス維持費がかかります。また、人の住んでいない家は劣化が早くなります。また、住宅ローンなどが残っている場合は、支払いができなくなる前に対策を打つ必要があります。

  • 固定資産税

  • 修繕積立金

  • 管理費

  • メンテナンス

  • 住宅ローン

所有しているだけで発生する費用住宅ローンの支払の為の対策が必要

賃貸と売却、
それぞれの悩みと対策

神戸市・明石市内で家を長期不在の状態にしている方も、一度は対策を打とうと検討されています。
それが、決断できない理由には次のような不安があります。

賃貸の悩み

  • 賃貸として貸す為のリフォーム費用が高くて無理。
  • 借り手がいるか不安。利益が残るのか不安。
  • 一旦貸すと、いつ戻ってくるのかわからない。
  • 忙しく、管理に関する打合せする時間がない。
  • 部屋の荷物を持っていく先がない。
対策
  1. 1出来る限り安くて良心的なリフォーム会社を選ぶ
  2. 2家賃管理などの不動産管理業を自分で行うことができるようにセミナーなどで学ぶ
  3. 3入居者が見つかった場合には、賃貸入居中として売り出すか、入居者に購入を持ちかける。

周りの賃貸の相場や空室率を調査した結果、収益が見込めない場合には、賃貸に貸すことを諦めることも選択肢の一つです。

マンションも戸数があれば、空室のリスクもカバーできますが、戸数が少ない場合には、空室が続いたり、リフォーム費用がかさんだりすると家賃収入から利益が残らない可能性があります。

売却の悩み

  • 購入金額より低い査定で売る気にはなれない。
  • 売却しても住宅ローンの残債務が残る。
  • 物件売却後の遺産分割について合意がまだない。
  • 忙しく、管理に関する打合せする時間がない。
  • 物件への思い入れなど心理的に物件を売却することに抵抗がある。
対策
  1. 1リフォームを行う
  2. 2リフォームプラン条件付き物件として売り出す
  3. 3早く売りたい場合は、販売価格を相場より安めに設定する

リフォーム工事を行って売りに出すほうが売れやすく、リフォームにかけた費用よりも高く売却できたという方が大半という調査結果もあります。

最近では、神戸市・明石市でもリフォームプランとリフォーム費用を明示した「リフォーム条件付き建物」として売りに出すこともあります。この売り方だと、売主の費用負担がなく、購入希望者が予算の範囲内で、ある程度自由なリフォームを行えます。

賃貸と売却、
どちらがおすすめ?

賃貸

個人賃貸オーナーの
悩みは深い

お問合せいただく個人賃貸オーナー様の見積金額への要望は非常にシビアです。リフォームする予算を極限まで抑え、なんとか収益を確保したいという思いが切実です。

部屋一室でも、「壁紙を全面貼り替えせずに一面だけ部分貼りする」。設備でも「使えるものは多少古くてもギリギリまで使う」というようなことです。

そこまで厳しい賃貸管理業。例えば利回りが8%だとして、その年の入居率が90%となる場合は、一年で見ると赤字に…。現実として、賃貸業として本気で取り組み、他物件と差別化を図る個人オーナー様のみが利益を残せる時代です。

賃貸業として本気で取り組めば
利益を出すことが可能

売却

個人の方には
売却のほうがリスクは少ない

後々の手間や賃貸物件としての資産価値の維持のことを考えると売却のほうがリスクは少ないです。

もし賃貸物件として貸し出される場合には、マンションオーナーとしての基礎的な知識は必要となると思います。

神戸市・明石市の賃貸物件の状況を考えると、ある程度収入に余裕があり、家賃収入に頼らなくても維持できる方は、賃貸として貸し出すという選択肢も良いかと思いますが、それ以外の個人オーナーの方には、状況をお聞きした上で、売却をおすすめすることが多いのも事実です。

手間とリスクを考慮すると
個人オーナー様は売却がおすすめ

電話でもメールでもOK

お気軽にお問い合わせください

賃貸に出すか売却するかの選択には、必ずリフォーム費用を知ることが必要になります。
ご質問・ご相談がございましたらお気軽にお問合せください。

メールでお問い合わせ