RESTA

0120-520-4169:00-19:00

売却前リフォーム|リスタは神戸の不動産情報が満載です!

する?しない?売却前リフォーム

売主様にとって売れる前の出費はためらいがち。しかし、中古物件はリフォーム済み物件が人気!!そのわけを知って物件売却に強くなろう!

リフォーム済み物件が人気の3つのわけ

1リフォーム済み物件は、ローン面で有利

リフォーム済み物件は、購入後にリフォームする場合に比べて、住宅ローンの手続きがお得です。

購入後にローンでリフォーム工事を行う場合、住宅ローンとは別に金利の高いリフォームローンを組むと、月々の返済額で新築やリフォーム済み物件を住宅ローンで購入したときよりも見劣りします。

そのため、リフォームは現金で行なう場合が多くなり、頭金がない人やリフォーム費用にいくら掛けてよいかわからない買主様の場合、物件購入の判断が慎重になり、物件購入の予算が低くなりがちです。

その結果、リフォーム前の物件が候補から外れてしまう場合があります。

2リフォーム済み物件は、「すぐ住める」「見た状態を買える」のメリットがある

中古物件が新築マンションと比較して有利な点は、物件を見たまま買えることです。高層階の場合は景色も大切な決定要因ですので、その部屋からの景色が確認できることは大きなメリットです。

また、即入居できる物件を探されている方は、リフォーム済み物件を中心に探される傾向にあります。

3古いままの物件はやっぱり決断しにくい…

家は、自分の生活スタイルの実現や夢を抱いて購入することが多いので、リフォーム前物件では、どうしてもそのイメージと実際の物件の状態との差を心理的に埋めることができない場合が多いのも事実です。

高い買い物なので、理論上ではお買い得物件だとわかっていても決断は難しいものです。

また、リフォーム前物件は、どこまでリフォームするかについて、ご夫婦の意見が合わずなかなか購入に踏み切れないこともあります。

売主様へのアドバイス

中古物件を購入後リフォームしたいお客様よりも、
リフォーム済の中古物件を購入するニーズの方が高い。

中古住宅を購入してリフォームすることと、リフォーム済の中古物件を購入することについて、物件の売却に関して、それほど変わらないような印象を受けますが、実は、これが全くの別物で、注文住宅を建てるのと建売住宅を購入するのとの差よりもよりも違いがあります。

案外知られていませんが、自分でリフォームする前提の中古物件購入は、注文住宅を建てるよりも難しいんです。

中古物件を買って自分流にリフォームしたい場合、物件探しからスタートし、物件ごとにどんなリフォームを行なうかを考え、購入前にリフォームの予算と完成後の姿をある程度イメージする必要があります。購入する物件によってリフォームの予算も変わり、何をどうするか家族と相談し決めていくという過程では、非常に多くのことを同時に考えていくこととなります。

ただでさえ、一生に一度あるかないかの高い買い物で不慣れな中、物件が他で売れてしまう不安を感じながら決断しなければならないのです。これは、時間的にも大変な作業ですが、この過程を楽しめる人が、リフォームを前提とした物件を購入できる人になります。

このように、リフォーム前提での物件探しは、注文住宅を建てるよりも難しいため、リフォーム済み物件のほうが先に売れていくわけです。

価格面から中古物件に魅力を感じている大部分の人にとって、リフォーム済物件のほうが購入しやすいのです。さらに、リフォーム済み物件の75%が、リフォーム工事で掛けた費用よりも高く売れたという調査結果もあります。

世の中にある、長期売れ残り物件の何割かは、リフォームすることで売却可能だと思われます。

リフォームのポイントも併せてご覧ください。

事例紹介

3000万円の物件を2週間で売却

古くなっていたキッチンのリフォームを行いその費用を物件の価値を上げることに使い、即入居できる状態まで内装をハウスクリーニングをして購入希望者に見てもらうことにしました。

その結果、清潔さとキッチンをとても気に入った買主さんがあらわれ、即売却が決まりました。物件は買主さんの仲介手数料が一律315,000円というも良かったと思います。

売却する物件に費用をかける理由についてリスタの担当者さんから熱心なアドバイスをもらえたおかげで本当にスムーズに売却ができました。

RESTAの選べる3つの専門店

メールでお問い合わせ