RESTA

0120-520-4169:00-19:00

中古住宅と新築の比較|リスタは神戸の不動産情報が満載です!

住宅買うならどっち?中古住宅と新築の比較

どう見る?どう選ぶ?
物件選びのポイント

マンション編

立地

マンションは立地で選べ!

マンションを買って一生そこに住むという考え方は、もう古い。10年後に売っても大損しない物件は、広さよりも便利さが上!

  • 新築

    新築マンションの場合は、
    駅周辺の再開発などから探すのが良い

  • 中古

    中古物件なら選択肢が豊富。
    待てば物件は出てくる可能性がある。

設備

設備はリフォーム可能と考える

新築ならモデルルームで見て気に入ればOKだが、プラン自体はお仕着せのもの。中古物件なら、安く買えた分リフォームに予算を回せる。ただし、配管の問題で水周りの場所を大きく移動できない事があるので注意。

  • 新築

    出来上がったものを買うことになる。
    気に入らなくて入居前にリフォームする猛者も。

  • 中古

    全解体の費用は想像ほどかからない。
    予算に応じてリノベーションもできる。

共用部

マンション共用部はメンテナンス計画が命

占有部の設備はリフォームでなんとでもなるが、共用部の配管などの老朽化対策は大規模改修工事が必要。状態を見て価格との比較で考える。

  • 新築

    新築マンションでは管理業者をチェック

  • 中古

    中古マンションでは修繕計画や管理がきっちりなされているかを確認する。

防犯

セキュリティーは新築が勝ち

2重オートロックエントランスや、非接触キーなど最新設備の導入は新築マンションの得意分野。

マンション全体でのセキュリティーは新築マンションのほうが勝ち。オートロックさえないマンションは多い。逆に管理人常駐で便利だったりもする。

まとめ

中古物件は現物を見て買える安心感は大きい

新築の場合だと、モデルルームでは分からない、眺望やエレベータの使い勝手など、気になる部分が残る。その点、中古物件は、現状を確認して買うことができる。お隣さんもどんなひとか確認できるのもちょっとうれしい。

ただ中古物件は、リフォーム前の物件で汚れている場合は、自分が住むイメージを作るのが難しいので、買う人は住まいへの明確なイメージを持っている人が向いていると言えます。

ただ、すべてを解体するスケルトンリフォーム・リノベーションが広がりで、新築物件と中古物件の差はだんだんなくなっていますので、どちらを購入しても満足できる住まいは実現できます。

新築
  • イメージで買う
  • モデルルームだけでは、分からないこともある
  • 新しいものが好きな人エリアにこだわらない人は新築向き
中古
  • 物件を直接見て買える
  • 日当たりや騒音も確認できる
  • オリジナリティな住まいを求め、かつエリアにこだわる人はリフォーム向き

戸建て編

構造

床下・屋根裏のチェックは不可欠

マンションと違い戸建ては、構造の状態のチェックが重要になってきます。一戸建て特に木造住宅の長寿命の大敵は、シロアリと雨漏りです。購入前には、床下・屋根裏の点検は必須です。もちろんそれだけでは分からないこともあります。不安な場合には、専門の検査機関に費用を払って検査することも可能です。

  • 新築

    新しいので構造的な不安はない。

  • 中古

    雨漏り・シロアリの検査と予防は必要。

問題がある場合には、補修・補強が可能

木造住宅では、構造部の修繕・補強が可能です。その場合大規模リフォームとなる場合が多いですが、建替えの半額程度で収まる場合が多いです。ただし、家が大きく傾いているなど基礎に関係する部分に問題がある場合は、建替えた方がよいでしょう。

また、築20年程度で一戸建ての場合は、建物の価値はほぼゼロで査定されます。また、原状渡しということで、瑕疵担保責任外として取引されることが多いです。建っている建物をリフォームするか解体するかの判断は買主の自由です。その判断が難しいと思われる場合は、リフォームして住む場合には、築年数のそれほど古くないリフォーム済みの物件を購入するのも一つの方法です。

  • 新築

    将来に備えて新築時から修繕積み立てをすれば安心!

  • 中古

    構造部の修繕は可能。
    建替えの半分程度の予算で済む場合が多い。

まとめ

リフォームプランも考えた物件探しが大切

物件を探す段階から、リフォームについての相談が出来ることが、購入物件を決めるための重要な要素になります。神戸・明石市内で不動産をお探しなら、見えない部分のリスクをきちんと説明してもらえるアドバイザーがいれば、価格との相談で決断できます。

メールでお問い合わせ