RESTA

0120-520-4169:00-19:00

不動産物件査定|リスタは神戸の不動産情報が満載です!

不動産取引に関するこれだけは知っておきたい専門知識を解りやすく解説 不動産売却編

不動産は大きな資産です。少しの判断ミスによって、数百万円単位の損害を蒙ることもありますので、不動産の売却に失敗しない為に、これだけは知っておいて頂きたいポイントを解説致します。

不動産物件査定

買い替え等の事情がある場合は、購入を仲介していただいた不動産会社に依頼するのが通常ですが、そうでない方のケースとしてご説明します。

まずは物件査定です。物件査定に関しましては、1社だけではなく2~3社に依頼するのもよろしいかと思います。

不動産会社にお電話やメールにて査定の依頼の連絡をすれば2~3日で担当者に訪問してもらえることでしょう。その際には、あなたの希望金額を別に伝える必要はありません。担当者によっては、物件の受託をしたいがために、あなたの希望価格に査定価格を合わせてくることもありますので、出来れば希望金額はその場では伏せて置いてください。

その後、各社共に査定書を作成してくるでしょうが、その時に注意して頂くことがあります。言わばここが大事な部分です。

査定書を見た時に、大概の方は「えっ!こんなに安いの」と驚きます。

チラシを見る限りでは、もう少し高く売りに出ているのに?と思われるのですが、査定価格とは概ね媒介契約の期間である3ヶ月以内に売却できるであろう金額であって、チラシに掲載されている金額とは違うものなのです。あくまでもチラシ等に掲載されている価格は売主様の希望価格や値引き交渉されるであろう金額等を含めた価格ですので、業界では売り出し価格と言われています。

ここで、あなたは物件を任せる不動産業者を選択する必要があるわけですが、高い査定価格だけを優先して決めないようにしてください。

通常査定価格を算出する場合は、近隣物件の売却事例を元に比較して算出しますので、あまり大きな差は出ないものです。

ですので、担当者の話しを聞いて査定価格の根拠や事例物件の説明等、親切丁寧に説明してくれた方をお薦めします。あくまでも査定価格や不動産会社の大小ではなく、その会社の姿勢や担当者の人間性重視が成功の秘訣です。

根拠なく高い査定は、お客様にとって不利益にしかなりません。売主様の意思で決定した価格であれば問題ありませんが、高い価格で査定し媒介契約を締結した後に反応が無いからという理由で価格をとズルズル下げていくパターンとなるのは避けたいところです。

不動産の価格に正解はありませんが、およその相場は形成されていることが多いです。ただしリフォームを行うなどにより付加価値が付いていれば別の話になります。

メールでお問い合わせ