RESTA

0120-520-4169:00-19:00

決済及び引渡し|リスタは神戸の不動産情報が満載です!

不動産取引に関するこれだけは知っておきたい専門知識を解りやすく解説 不動産購入編

不動産というのは、人生のうちで何度も取引する方はごく稀でしょうし、ほとんどの方が不動産会社の担当者に言われるがまま、書類にサインをし、ご本人が理解されていないまま印鑑をついているのが日常としてとり行われています。しかし、不動産と言うのは大きな買い物ですから、ある程度の知識は身に付けるようにしましょう。

決済及び引渡し

ローンも無事に通過すると、後は残金決済と引渡しになります。通常はその日に住宅ローンの契約、残金支払、鍵の引渡し、登記費用等金銭の精算となっており、住宅ローンを借り入れる金融機関にて、売主、買主、司法書士、不動産会社の担当者、金融機関の担当者で取引を行います。最初に住宅ローンの契約、司法書士による権利証等書類の確認、登記書類への売主、買主の記名押印の後、融資金の実行となります。

融資金が実行されれば、売買代金や、諸費用等の精算を行い鍵や引継ぎ事項の書類等を受け取ります。引継ぎ事項とは、マンションであれば管理費の自動振り替えの書類や、管理会社に提出する入居者名簿等を受け取ります。

決済のときに注意して頂く事として、決済のときは普段目にすることの無い金額の金銭があなたを中心に動きますので、どうしても金銭感覚が一時的に麻痺してしまう傾向にありますので、支払う金員は全て金融機関の口座経由で支払う項目別に個々に出金伝票を記入し、支払うようにしてください。そうすることによって、領収書と通帳記載の金額が個々に一致し、申告の際などに役立ちます。

ローンが通過したら…
  • 住宅ローン契約
  • 残金支払い
  • 鍵の引渡し
  • 登記費用などの金銭の清算
メールでお問い合わせ