RESTA

0120-520-4169:00-19:00

不動産会社に問い合わせ|リスタは神戸の不動産情報が満載です!

不動産取引に関するこれだけは知っておきたい専門知識を解りやすく解説 不動産購入編

不動産というのは、人生のうちで何度も取引する方はごく稀でしょうし、ほとんどの方が不動産会社の担当者に言われるがまま、書類にサインをし、ご本人が理解されていないまま印鑑をついているのが日常としてとり行われています。しかし、不動産と言うのは大きな買い物ですから、ある程度の知識は身に付けるようにしましょう。

不動産会社に問い合わせ

不動産を購入する際は、まずチラシやネット等の情報より物件を検索し不動産会社に問い合わせする所から始まります。

ここで重要ポイントとしては「何処の地域で予算は幾らでどんな物件が欲しいか?」どんな物件が欲しくて、地域はどの辺りかぐらいは最低限決めておいて下さい

不動産の情報については、当社が営業している神戸市西区でも随時200件程度の物件が市場に流通しているわけですから、それら全てを見るというなら別ですが「自分は幾らの頭金があって、毎月幾らぐらいの返済が出来る」程度のことと、○○沿線の何駅辺りか何区周辺で物件を探しているぐらいのビジョンは決めておいてください。毎月の支払額と頭金、沿線や地域がわかれば、幾らぐらいの物件が購入できて、この地域ではその予算でどのような物件があるかもわかりますので、不動産購入に対するイメージも湧くことでしょう。

それにより、マンションならどれぐらいの築年数のどんな物件が買えるか、戸建てであれば、土地は何坪程度の物件が予算圏内にあるかもわかりますので、そこから試行錯誤していくことにより、地域を広げて予算より安い物件を購入することや、予算を少し増やして地域優先で少し高い物件を購入するなど選択肢を増やしていくわけです。

ここで一つ注意事項ですが、自分の気に入る物件というのは不思議と予算より若干高い場合が多いように思われますので、ご注意ください。

問い合わせの場合次に気をつけるのは、ただ単に聞くのではなく出来れば不動産会社の店舗まで訪問し、お話しをすることをお勧めします。そうすることにより、問い合わせ先の不動産会社の雰囲気等を自分の目で確かめることもできますし、お電話でお話しするよりも沢山の物件情報を閲覧できます。

不動産物件には、売主様の希望により広告等に掲載されていない物件が多数ございますので、そういった物件を見るためにも一度ご訪問ください

但し、自分の名前を伏せることや嘘の住所等を教えるのは絶対におやめ下さい。中にはしつこく営業してくる不動産会社もあるでしょうが、最近はあまり見受けられなくなりましたし、名前も言わないお客様に熱心に情報は開示してくれません。

確かに営業会社ですから、営業マンの売上げも大事ですが、ほとんどの営業マンはお客様に笑顔でありがとうと言われることを目標に頑張っていることでしょうから、その点はご注意ください。

メールでお問い合わせ